色々思ったやつを書くところにする予定

徒然なるままに(以下略)なる予定ですが、多分出来ません。

5、6時間前の話

 マストドンで、そこの知り合いと喋っていた。その人の愚痴をそれ形であるが、そこで気づきたくもない感情に気づいた。その人が愚痴を話す、僕はそれを読み、簡単な応答をする、しかし応答なんて同意の意図が伝わればいいぐらいの、簡単なもので良いのに、ここには僕の意思が多分に含まれていた。喋ってるんだから意思が含まれているのは当たり前だろうというのは、当たり前の話だが、これはそういう同意の意思ではなく、僕の意見のことである。僕は同意するつもりの中で、意見を更に付け加えていたのである。

 これはなぜか、それは恐らく関わりたいのだろう、そして関わりたかったのはその人ではなく、その人の事情にである。自分の経験にないようなことの事情に関わってみたいのだ、スポーツとかで届かない指示を出しているファンと同じ心理だろう。自分の案は有用であるから、検討しなさい、と。自分もその状況の一分になりたい、そして、自分の案で成功に向かって欲しい、と。

 結局、相手のためでも何でもなく、自分のためだろう。唯識仏教では、末那識という物がある。これは、簡単に言えば、いつでも自惚れている心のことである。唯識の定めるところに、人の心の源泉である阿頼耶識はこの末那識に作用を受けているという。人は潜在的に我欲に動くものと、実質的に言われている。

 きっとこれのせいだろう、いや、これを発端としているだけで、それを制御できていない自分がいるのだ、自分の欲求に気づけずに欲求を発しているのだ。

 これを機に少しは自重していけるようになりたい、自分の欲求くらい自分の意志から出したいものである。

 

 

広告を非表示にする