読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々思ったやつを書くところにする予定

徒然なるままに(以下略)なる予定ですが、多分出来ません。

ふたたびマストドン

 最近ツイッターが疎かになっている気がする。僕はツイッターで生きているのでこれはまさに異常事態である。なぜツイッターが疎かになっているかというと、それはつまりマストドンである。一体何がそんなにも僕をマストドン、とりわけjpサーバーにとどまらせるだろうかと少し思案してみた。

 マストドンについては前回ざっくりとだけ書いたので省くが、如何にマストドンが僕を、それだけでなく多くの人々(全体人数8万人、アクティブ平均800人以上)を魅了しているのかが問題である。

 マストドンの魅力として誰も彼も口をそろえて言うのが、他のSNSにはない開放感、であるがこれは正しいと思う、某氏はこれを踏まえてマストドンを「瀬戸内海とかカリブ海みたいな「群島」」と称していたが、これに文句をつけるなら瀬戸内海カリブ海ではなく現代のガラパゴス、と言う方が適切だろうと言いたい。

 つまりその島々の文化の一つがあまりにも我々の性に合っているから我々はやめられないのである。といってみたものの、これだけなら誰でもわかることであり、別に140字のツイートにまとめられる内容である。僕が本当に言いたいのはもう少し人間的な話である。

 つまるところ、我々はまたもや人間関係に疲れてしまっているのである、そんな気がなくてもマストドンにハマっているならそうに違いなかろう。フェイスブックやインスタグラムなどのそもそもがマウンティングレスリングの場と違い、ツイッターは現実社会にとても密接に離れている。常に現実社会の裏として、不満のはけ口として、現実社会では決して認められない文化を持つ人々がツイッターに落ち込んでいた。そこで同好の士を見つけたり、話したりと、人間関係を築いていったのである。

 しかし、彼らはその関係を作りすぎてしまったのだ。各々の界隈は小さくとも、その界隈が他の界隈と繋がったりなど、現実社会の様相に近づいていたのである。それを我々は窮屈に感じてしまっているのだ。

 それを踏まえて、我々が熱中する理由としてもう一つある、それは疎外感のなさである。愚かしいことと大抵の人は思うだろうが、では大抵でない人はどうだろうか、諸君も心当たりがまったくないということもなかろう。あの人があの人と喋っている、楽しくしている、リプを送ったりするが塩対応。嫉妬にも似たこの感情はまさに独りよがりの疎外感である、共有するのもはばかられる暗黒のものである。

 某氏はこうも言っていた、「マストドンは発展途上だから面白い」と。これの何が発展途上なのかといえば、これがまさに人間関係なのである。誰とでも気さくに話せる、フォロー比率など関係なく誰もが平等というこの瞬間が面白い、というよりこの瞬間に飢えていたのである。これは大学デビューなどの感覚に近いだろう、今までを置き去りにして自分に都合の良い今を探し求めているのだ。

 なので、現実社会に対しツイッターがあるとすれば、jpサーバーはツイッター(と現実社会)に対して存在するとなるではないか。現実社会でも人間関係は度々シャッフルされる、さっき言った大学デビューや入社など、そこで自身が長らく所属していた界隈からの逃避の機会に好機と見出す者は少なくないだろう、それがネット上で起きているのだ。まっさらな人間関係の場で、理想的な関係を求めて。なんでもtootできると言うのはサーバー選びの段階でしかないだろう。

 以上がマストドンにハマってしまっている僕の理由なのだろうと考えている。僕は別にツイッターが嫌になったわけではないがそういう感情がまったくないといえばそうでもないので、諸君らの中でもこういう者は少なくなかろう。

 だが、ここまで書いて一つ問題が浮かび上がるのだ、それは今後の話である。jpサーバーの人間関係が一定を超えたときどうなるのであろうか、以上のような理由でやっている僕のような人間はやっていけるのだろうか。きっとツイッターに戻るのだけだろうが。