色々思ったやつを書くところにする予定

徒然なるままに(以下略)なる予定ですが、多分出来ません。

裏世界ピクニックという本

 

 皆さんは都市伝説と聞いて何を思い出すだろうか、てけてけ、花子さん、ムラサキカガミ、エトセトラエトセトラ。これらはわざと挙げたものだが、もはやこれらは時代遅れと言わねばならない。今の世を席巻する都市伝説といえばくねくねだろう、誰しも一回は読んだことがあるはずであるが、あえて説明するならば見たら負けの類の怪異である。他にも目を引く名前を挙げるならターボババァだろうか。まぁ色々ある

 さて、そんな都市伝説共を題材にしたものがこの裏世界ピクニック~ふたりの怪異探検ファイル~という本である。

https://www.amazon.co.jp/dp/4150312648/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_bB0TybJ77Q7RS 

 

 感がいいというか物好きな人なら某ssを思い出していることだろう、某麻雀アニメのモブ男がWな感じの奴。アレを読めば都市伝説に多少詳しくなれるだろうし、しかもこのssはなかなか面白いので探してみてはいかが。

 話を戻すがこの本はお察しの通りに都市伝説とかち合う話である。しかし僕がこの本を買った理由はそうではなく、表紙の絵を見てもらえば分かる通り女の子が鉄砲を持っている。それだけ。SNSに一瞬上がっていたので即通販でお買い物である。すこしネタバレになるが、僕はあまりホラーを読まないからどの程度かは分からないがこの本はSFホラーでいいと思う。女の子がバンバン鉄砲を撃って都市伝説を退治していく類の話(Tさんみたいな軽快な感じ)かと思っていたかが、さすがハヤカワそうは問屋が卸さない。読んでいく内にううんと唸ってしまう。怖いからじゃない

 

 

 

 

 ここからは完全なネタバレである。

 さてハヤカワと言った以上この本はSFである、僕はSF初心者ではあるが前に読んだ雪風が結構役に立っているのか色々邪推してしまう。

 まずくねくねへの再チャレンジのシーン、アレはまさに妖精の目がいるという話なのだと思う。というか全体的にそうなのではなかろうか。少なくとも、相手方は我々の常識では捉えられず、それなりに相手方を理解する必要があるのだ。

 この巻では彼らが何者で何が目的なのかと言うのがわからない、少なくとも都市伝説は相手方を恐怖した(させられた)人間が勝手に想像したもので、相手方もそれを利用しないと認識を拡大してもらえないのだろうということ、が相手方について分かることである。本体はあまりにも理解不能と書いてあるし

 対話とはいかなくとも意志の一定の疎通、理解というか、少なくとも我々は恐怖でしか相手方とコンタクトを取れないらしい(何人も消えたりしているが)、だから今後鳥子、空魚の手と目は恐怖以外のコンタクト手段になっていくのだろうか……

 

結構甘く読み始めたので度肝を抜かれているのは間違いない。今少し考察を書いてみた通り、なかなか考えがまとまらない、困ったものである。

 

 

恐怖しつくした先に何があるのか、2巻に期待するばかりだ。